2014年7月23日水曜日

【トラベル】イタリア旅行でKさんご夫婦と仲良くなりました


夏の海外旅行の計画を立てる時、いつもKさんご夫婦の事を思い出されます。

2011年のイタリア旅行の時のツアー仲間のKさんご夫婦は、毎年どこかへ出かけられています。

旅行中に親しくなった私たちは、帰国後もメールのやりとりをしたり、一度横浜で再会も果たしました。

ご主人は温厚で紳士的な方で、奥様は優しい方で気さくに話をして頂きました。


オプションでピサの斜塔に出かけたとき、ずっと行動を共にしました。ブログにもKさんご夫婦のことを書いていました。

細くて長い階段をKさんのご主人が先頭になって登っていかれて、50段ごとに声をかけ励まして下さいました。

また最終日の夕食は、同じテーブルだったので、Kさんの提案で皆でボトルのワインを注文し、「楽しかった旅に乾杯!」をしました。

Kさんご夫婦とご一緒させて頂いたお陰でとても楽しい旅になりました。

イタリア旅行の翌年は、私たちは中欧旅行に、Kさんたちはベルギー・オランダ旅行に出かけられました。

今年はどうされるのかと思い、本当に久し振りにメールをしてみました。

奥様から早速のお返事があり、北欧4カ国に旅行されるようです。

ベルギー・オランダもまた行きたいと思うほどいいコースだったと書かれていました。

期待が高まってきました。

2014年7月22日火曜日

【イベント】ブラストの公演のチケットを予約しました


昨日、娘からメールがきました。

ブラスト(Blast)の公演に行ってきた娘からの興奮さめやらぬメールでした。

ブラストのことは娘から聞くまではほとんど情報を持っていませんでした。


ブラストのサイトにはこんな紹介文が書かれています。

マーチングバンドやドラム・コーのエンターテインメント性を高めた、視覚と聴覚を刺激する迫力のステージ「ブラスト!」シリーズ。2001年にブロードウェイに進出しトニー賞とエミー賞の二冠を達成、そして2003年夏の日本初上陸以来、その人気は不動のものに。
「ブラスト!」ではパフォーマーたちが12種類以上の金管楽器と51種類ものパーカッションを駆使し、常識では考えられない超一流の動きを繰り広げる。そしてビジュアルアンサンブルと呼ばれるフラッグやサーベルなど様々な道具を操るダンサーたちは、激しく、かつ華麗に観客を魅了する。
彼らの奏でる様々なジャンルの音楽は、巨大なセットと鮮やかな照明演出とが合わさり、最高のエンターテインメントを生み出す!

こんな刺激的なステージを娘は最前列で観てきたそうです。

あまりの感動で他の地域の公演も行きたいくらいだと書かれていました。

出演者の中に3人の日本人もいたらしく、22才のトランペットのパフォーマーに魅了されたようです。


2時間の公演は中身が濃くて大満足したらしく、是非とも私たち夫婦にも名古屋公演を観に行くようにと勧めてくれました。

というわけで今朝はパソコンの前に座って、「ローチケ.com」で予約を試みました。

途中まではすんなりいったのですが、最後の最後のところで自分では原因が分からないのですが、チケット予約完了の画面がでなくて、諦めて夫に選手交代をお願いしました。

情けない限りですが、座席が確保できたのでよしとします。

今週の土曜日の公演です。楽しみです。







2014年7月21日月曜日

【暮らし】エアコン購入


寝室の窓用クーラーが壊れました。

これは何と30年以上も使っていました。

冷房能力はかなりのものでしたが、音の大きさは気になりました。

寝るときに冷えすぎ防止のためにお休みモードにしておくと、途中で室内の温度が上がると自動的に冷やしてくれるのですが、そのときの音はうるさくて目が覚めてしまうことがありました。

今回購入した壁掛けエアコンは本当に静かでこれなら安眠できそうです。

それにしてもエアコンが壊れるのは決まって暑さがピークでエアコンなしでは生活ができないと思うような時期です。

過去のブログを調べてみました。


2008年7月19日の記事です。


リビングのエアコンは昨年の8月9日に壊れています。

一番必要な時期に壊れるので、急な出費で頭が痛いのですが電気屋さんに走るしかありません。

昨日注文したエアコンは、早速今日取り付けてもらうことができました。

試運転をかねて午後ずっとつけて夫がお昼寝をしました。

しっかり冷えて、音も静かだったので夫は3時間近くお昼寝をしてしまいました。

これで猛暑の夜も安眠できそうです。


2014年7月20日日曜日

【トラベル】フラワーカーペット 〜ブリュッセル グランプラス〜


娘のベルギー旅行記のタイトルに「フラワーカーペット 〜ブリュッセル グランプラス〜」という記事がありました。

2年に一度ブリュッセルのグランプラスで開催されるのがフラワーカーペットです。

娘たちはお盆にベルギーを訪れたので開催年であれば素晴らしい花の絨毯を見ることができたのにとブログの中で残念な思いが綴られていました。


そして2014年は開催の年です。

8月15日~17日に開催されるらしく、旅行のパンフレットにも目玉商品として「8月11日発限定 フラワーカーペット」と記載があります。

市庁舎のバルコニーから見ることができるようです。

ツアー料金は私たちのものより6万円ほど高く設定されています。

魅力的なコースですが、諸事情でその時期の訪問は難しく候補にあがりませんでした。

娘の記事にもありましたが、フラワーカーペットがなくても「世界で最も美しい広場」と賞賛されているグランプラスの美しさに酔いしれてきたいと思います。

まだまだ準備に取りかかっていないのですが、BSのベルギー関係の番組を見たり、娘のブログの旅行記や旅雑誌で少しずつ勉強を始めました。

実際に旅行に行くことになって、始めてベルギーやオランダの位置関係が分かりました。

学生の頃、地理を勉強したはずなのに、ヨーロッパ諸国の位置関係は全く自信がありませんでした。








2014年7月19日土曜日

【食】モスバーガー 果肉あじわう マンゴーラッシー


本当に久し振りに夜お茶をしました。

娘たちが家にいる頃、たまに夜、お気に入りのカフェに行きおしゃべりをしました。

当時、若い女性たちの間で、友だち同士で夜お洒落なカフェに行きおしゃべりをすることを「夜お茶」と言っていました。

わが家もそんな時間が大好きでした。

夜遊びをするような感覚がちょっとスリリングで気に入っていました。

よく行っていたカフェの店主は、閉店時間を聞くと、「特に決めていないよ。」と答えて、お客が私たちだけでも時間を気にすることなくおしゃべりを楽しませてくれました。

娘たちが独立した今、夜お茶をする機会もなく、夕食の後は夫とHULUを視聴しのんびり過ごすのがお決まりのパターンになっています。

今夜は本当に久し振りに娘とモスで夜お茶をしました。

私が注文したのは「果肉あじわう マンゴーラッシー 」です。


ラッシーという飲み物の名前を初めて知りました。店員さんが「ヨーグルトをベースにした飲み物」と説明してくれました。

マンゴー好きの私は迷わずこれにし、紅茶好きの娘はマンゴーアイスティーにしました。

iPhoneで写真を撮るつもりでしたが、マンゴーラッシーのあまりの美味しさに写真を撮ることも忘れてしまいました。

これはクセになる美味しさです。


【暮らし】明日から三連休


明日から三連休です。

三連休が終わるといよいよオランダ・ベルギー旅行です。

準備らしいことはほとんどやっていませんが、この三連休中にるるぶや昨年の娘の旅行記を読んで事前勉強しようと思います。

今夜は眠くて仕方がありません。

2014年7月17日木曜日

【日経新聞】禁断のスカルペル


日経新聞の連載小説が7月10日から「禁断のスカルペル」になりました。

今日で8話です。

病院の泌尿器科に勤務する女性医師東子(はるこ)が主人公です。

東子は結婚して1年間産休をとり、現在は病院に復帰しています。東子の娘「絵里香」は大きい目がくりくりと動く可愛らしい赤ちゃんで、笑うと周りがパッと明るくなります。

東子の母は、「ほんと、可愛いわ。やっぱりエリカの花って感じよね。」と言います。

その歌を知らない東子に説明をするくだりがあります。

西田佐知子さんの歌で『青い海を見つめて 伊豆の山かげに エリカの花は咲くという~』という歌が母の若かりし頃に流行った歌で大好きだったと話しています。



私も彼女同様「エリカ」という名前を見聞きするたびにその歌を連想します。

当時は西田さんは大人の女性で、私は小学生でしたが母は親バカですがどこか似ていると言っていました。

それで私もいつの間にかその歌が好きになり口ずさんでいました。

子どもだったので歌詞の意味はわかりませんでしたが、東子の母によれば、別れた男がエリカの咲く村の出身で、彼に会いたくてエリカの花を求めてひとりで旅をするという詩です。

母にそう言われて縁起が悪いと東子は不機嫌になります。

この小説の今後の展開を暗示するような会話です。

小説のタイトルにある「スカルペル」は英語で医療用のメスを指す言葉だそうです。

挿絵もまた繊細な感じで楽しみです。



【食】フルーツなガリガリ君とびだせWグレープフルーツ味


夫からセブン-イレブン限定のガリガリ君を買ってきてほしいと頼まれました。

IMG_4502

その名も「フルーツなガリガリ君とびだせWグレープフルーツ味」です。グレープフルーツの果汁50%が謳い文句のガリガリ君です。

帰宅した夫と早速食べてみました。

IMG_4503

この時点でほんのりオレンジ色が透けて見えます。

IMG_4504

一口食べてみると、中から果汁たっぷりのゼリーが登場しました。これは美味しいですね。

私がガリガリ君の存在を知ったのは昨年です。

確か梨の味のガリガリ君でした。私はどちらかと言えば氷菓にはあまり惹かれず、アイスクリーム派でした。


ハーゲンダッツのクリスピーサンドなどは、速水もこみちさん言うところの「ごきげんうまい!」の一言です。

ですがクリスピーサンドは暑い日に食べても爽やかさが感じられませんが、このガリガリ君なら美味しくて、爽やかで、さっと汗が引いていきそうです。

今年の夏はこれにはまりそうな予感がします。

そうそうこれも数年前に遅ればせながら知った氷菓があります。「サクレ レモン」です。バドミントンの練習のときに食べました。カップのふたを開けるとレモンがのっていました。

宇都宮から転勤でやってきたメンバーが、「サクレ レモンは地元宇都宮の会社が作っているの。」と教えてくれました。閉め切った体育館で汗を流しながらバドミントンをやっていたときに食べたあの爽やかなサクレ レモンは絶品でした。

2014年7月15日火曜日

【トラベル】長女のベルギー旅行記


昨日のブログを読んだ娘からメールが届きました。

ベルギー行く前に去年の私のブログをもう一度読んで行って欲しいな!

そう言えば娘はブログを書いていたことを思い出しました。

現在は放置状態ですが、昨年はベルギー旅行記をしっかりまとめていました。

早速、読んでみるととても参考になりそうです。

旅行五日目(ブリュッセル)は、少し疲れたらしくゆっくりと起きて9時半頃に食事をとったと書かれています。

美味しいパンをのんびり食べてから一日の予定を立てました。パンは初日に見つけたKWATTAというチョコチップをかけて食べるのにはまりました。

ベルギー旅行

写真も撮っていました。

これは美味しそうです。娘の記事を読まないと絶対に手を出さない一品です。

ベルギー初日にはシェ・レオンというレストランで食事をしたと書かれていました。

ベルギー旅行

るるぶにも厳選おすすめレストランのトップに紹介されていました。

娘たちはしっかり下調べをしていたようです。

旅行記を読んでいると、二人の様子が手に取るようにわかり、ドキドキワクワク感が伝わってきます。

旅行記の最後のタイトルは「旅行を終えて」となっており、二女のお陰で良い思い出が作れたと感謝の言葉が書かれていました。

そして1年後の夏、私たち夫婦がベルギーに行きます。彼女たちが見聞きしたことを私たちもまたしっかり目に焼き付けてこようと考えています。

【トラベル】オランダ・ベルギー


「るるぶ オランダ・ベルギー」を買ってきました。

IMG_4500

宇都宮に行ったり、宝塚に行ったりイベント続きで、2014年の最大のイベントのオランダ・ベルギー旅行の事前勉強を全くしていませんでした。

まだまだだとのんびり構えていたら、もう7月も中旬になってしまいました。

少しずつ調べておかなければと思い、るるぶを買ってきました。

パラパラとページをめくると、これぞヨーロッパの広場とも言うべきベルギーのグランプラスの写真が載っていました。

IMG_4501

紹介文には「世界で最も美しい広場」と書かれています。

ここは昨年の夏、娘たち、そして友だち家族もまた広場に立ち、その美しさに息をのんだ場所です。

早く行きたくなってきました。

    follow me on Twitter

    Search

    読込中...

    ページビューの合計

    人気のエントリー

    ブログのアーカイブ

    このガジェットでエラーが発生しました

    Blog Archive