2015年5月22日金曜日

【女子旅】和倉温泉の旅


旅行会社に行ってきました。

6月に予定している女子旅のクーポンをもらうためでした。

当初は、6人で出かける予定で申し込んでありましたが、姪が大学の授業の関係で不参加を決めました。

次は、二女が不参加という話になり、結局4人で和倉温泉に行くことになりました。

旅行社の係りの女性に再度の変更手続きをしてもらい、ようやく最終旅程表をもらってきました。

ところが、事態はそれでとどまらず、夕方の実家の母の電話によれば、少し前から痛めた腰がひどくなる一方なので、キャンセルしてほしいと言うことでした。

6人から一気に3人の女子旅になるわけです。

これまで誰もが日にちをやりくりして実現してきた女子旅です。

当たり前と思っていましたがそうではなかったことを思い知らされました。

計画通りに旅行ができるのは、本人のみならず周りの環境もまた良好だったと言うことですね。

Untitled

2011年の女子旅は東京でした。高校生だった姪はこんな仁王立ち姿でポーズを取っていました。

母のたっての願いで皇居を訪れました。

この時の写真を見直すと、母はすでに腰は曲がっていましたが、まだまだ元気で嬉しそうな笑顔を浮かべていました。

早く元気になってほしいと願うばかりです。
2015年5月21日木曜日

【GW】ラ コリーナ近江八幡


今日は美容院にいってきました。

美容師のEさんとGWの話になりました。

わが家が昨年、一昨年と琵琶湖を自転車で走ったことを覚えてくれていました。

Eさん家族も今年は滋賀県に出かけられたそうで、話を聞いているうちに何と同じ所を訪れていたことが判明しました。

IMG_0042.jpg

バームクーヘンで有名なクラブハリエの新店舗「ラ コリーナ近江八幡」です。

わが家はサイクリングをしようと長浜に向かっている途中でたまたまこの店舗を見つけたのですが、Eさんはテレビでその名前を知り、ネットで詳しく調べ、このお店でしか買えないサブレや生どらやきを買うために訪れたと話していました。

わが家は開店そうそうに入ったのですが、すでに行列ができていました。

IMG_0040.jpg

バームクーヘンを買う列、サブレを買う列、どらやきや和菓子を買う列、カフェの列と店内は人で溢れかえっていました。

Eさんは、11時頃に入店されたそうですが、どの列も1時間待ちだったそうです。

IMG_0038.jpg

ソフトクリームがはさんである生どらやきです。

IMG_0037.jpg

これがここでしか買えないサブレだったのですね。目の前にあったのに情報がなかったので素通りしたことが悔やまれます。

IMG_0026.jpg

2階にはカフェがありましたが、階段の下まで行列が続いていました。焼きたてバームクーヘンの列に並んでゲットしてからカフェに行くにはまた列の最後尾に並び直さなければいけません。

IMG_0033.jpg

焼きたてバームクーヘンです。これは美味しかったです。

このラ コリーナ近江八幡の敷地内は、まだまだ完全整備されておらず、時間をかけた壮大な構想が予定されているそうです。

飲食店も計画されているそうで、ますます人が集まるスポットとなりそうです。

思いがけず旬のスポットに行ってきました。





2015年5月20日水曜日

【バドミントン】練習後のシャワーが至福のときです


今日はバドミントンの練習日でした。

久し振りの練習に加え、日曜日のサイクリングの疲れが幾分残っていたせいか、本当に疲れました。

若い頃は、その日の疲れはその日のうちに現れましたが、睡眠をたっぷりとると翌朝はすっかり回復していました。

今は負荷が大きくてもすぐに疲れは現れず、いつまでも元気いっぱいです。

娘たちからは、「お母さんは本当に元気だね。」と言われて気をよくすることもしばしばあります。

ところが、それはみせかけで翌日かそのまた次の日あたりにドカンとやってきます。

疲れがすぐに出ないので、その間も動き回るので、後が大変です。

サイクリングの途中で山法師を見つけました。

IMG_7652

IMG_7638

白い花びらが素敵です。



2015年5月19日火曜日

【妹】魚の骨


妹と電話をしていたら、昨夜は大変だったという話になりました。

夕食に食べた魚の骨が喉に刺さり、病院に行って取ってもらったということでした。

ご飯を噛まずに飲み込んだり、あれこれ試してみても取れず、そのうち痛みがでてきたので病院に行ったそうです。

麻酔をして、鼻から内視鏡を入れて取り除いてもらったそうです。

想像しただけでも怖くなります。

かかった費用は約1万円で、喉の痛さと出費でダブルパンチだったそうです。

妹の話によれば、魚の骨が刺さって病院へ行ったのはこれで2度目だそうです。

「もうお魚は食べたくないわ。」と言っていました。

これから年を重ねるごとに老眼が進み、食事をするときも必要になってくるかもしれません。

以前、友だちが「食事をするときはお料理をしっかり見て食べるほうが美味しいから。」と言って老眼鏡をかけてご飯を食べていました。

年と共に生活のスタイルも変化させる必要があるのかもしれません。

IMG_7658

昨年の娘宅でのクリスマス会です。私も妹も偶然に赤いセーターを着ています。

妹にはいつまでも元気で若々しくいてほしいです。

2015年5月18日月曜日

【スケート】浅田真央さん


浅田真央選手が現役続行を表明しました。


ファンとしては、また真央さんの滑っている姿を見られると思うと嬉しくなります。

彼女が休養している間に、宮原選手や本郷選手の素晴らしい活躍がありましたが、やはり真央さん不在の大会はとても寂しく感じていました。

繊細で優雅なスケートは、真央さんの代名詞です。

CMなどで見る浅田選手は、まだあどけなさが残っていますが、ひとたびリンクの上に上がると、凜とした表情だったり、情感たっぷりの表情だったりします。

氷の上の彼女が一番輝いています。

秋から冬にかけてスケートシーズンが到来すると、これまで以上にファンは熱い声援を送ると思います。

楽しみになってきました。

2015年5月17日日曜日

【Brompton】自己ベストの40.95㎞


今日は朝からBromptonでサイクリングに行きました。

目指すは以前行ったことがある観音様の参道にある飲食店です。

そのお店には、数回行ったことがあるのですが、ぜんざいが美味しいのです。

私たち夫婦はぜんざいが大好きで四季を問わず食べたくなります。

残念ながらそのお店では季節メニューらしくてやっていませんでした。

観音様に向かって走っていると、道路脇の畑にじゃが芋の花がさいていました。

IMG_7632

実家の母がじゃが芋の花が咲いたと弾んだ声で話していたので、母の事を思い浮かべながら眺めてみました。

畑仕事が趣味だという母は、曲がった腰で野菜作りに精を出しています。

時々、写真を撮りながら走っていると娘から「ランチを一緒にしない?」とメールが入りました。

夫も私もすぐに娘宅に向かうことにしました。

それまではのんびりおしゃべりをしながら走っていたのですが、ランチに間に合う時間までに娘宅まで行かなければいけません。

夫はiPhoneのナビの音声に従ってズンズン走り、私は後ろからついていきました。

通りすがりの家からいい香りがするので見ると決まって薔薇の花が咲いていました。

今は薔薇の季節なのですね。

20150517101422

こんな綺麗なテッセンも咲いていました。

予定通りの時間に着いて、3人で近くの洋食屋さんのランチを食べ、娘宅で少し休憩をさせてもらい、いよいよ帰路です。

エネルギー補給の効果があり、快調に走ることができました。

夫から今日の走行距離を聞いて驚きました。

自己ベストの40.95㎞でした。

大満足でしたが、マラソン選手は42.195kmを走るのですね。

スゴイです。

【暮らし】片づけ


今日は家の片付けをしました。

まずはテレビ台の引き出しです。

ここは10年以上放置したままになっていて、たくさんのカセット、CD、ビデオ、DVD、写真が詰め込まれていました。

最初は、それらの中身を確認してゴミ袋に入れていたのですが、あまりの多さにささっと手に取りゴミ袋に直行させました。

この中には娘たちの物も多くありましたが、彼女たちもその存在を忘れているに違いありません。

一番の悩み所はアルバムでした。

娘たちの幼い日々の写真を見つけるとつい手を止めて見入ってしまいました。

現在は、旅行や家族のイベントはトロットのフォトブックにして残してあります。

この方法はかさばらないのでおすすめです。

続いて夫の整理ダンスです。

引き出しを一段ずつ出し、不要な物を潔くゴミ袋に入れると、タンスの中がスッキリしました。

快適に暮らすということは、不要な物は思い切って処分して、物を増やさないことだと実感しました。


2015年5月15日金曜日

【テニス】ローマ大会 順々決勝 錦織選手頑張って!


錦織選手と世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)選手の試合が始まりました。

第1セットの第1ゲームはジョコビッチが軽く制しました。

ジョコビッチ選手のオレンジ色のウエアがいかにも強そうです。

対する錦織選手は、白と青のウエアで若々しい印象です。

第2ゲームも錦織選手がリードしていましたが、ジョコビッチに逆転されました。

さすが王者ジョコビッチは強いです。

ゲーム中も表情を変えることなく淡々とボールを打ち返しています。

テニススクールに通い出す前は、テニスの試合中継を見たことがありませんでした。

ルールも知りませんでしたし、選手の名前も知りませんでした。

バドミントンやバレーボールは、どんなにアウトの球でも相手がそれをとればラリーは続きます。

コートの端のインやアウトをきわどく見極めたとき、バドミントンでは、「ナイスジャッジ」というかけ声をかけます。

一方、テニスは、アウトボールをどんなに相手がとろうとそれはフォルトになります。

このあたりが私的には納得がいきませんでした。

試合中、相手のサービスがフォルトなのに、リターンを相手コートに返球するのは、マナー違反だということを最近、知りました。

フォルトボールは、返球してはいけないのですね。

紳士、淑女のスポーツであるテニスは、まだまだ覚えなければならないルールやマナーがたくさんあります。


それでは真剣に錦織選手の応援をすることにします。

Search

読込中...

お買い物はこちらから


ページビューの合計

人気のエントリー

ブログのアーカイブ

このガジェットでエラーが発生しました

Blog Archive